MENU

自宅に赴いて介護

介護

自由と責任がある

ホームヘルパーは介護や支援が必要な人の自宅に赴き、自宅で介護や支援を行う形の仕事です。訪問介護員と呼ばれることもあります。高齢化社会の進展に伴い、介護を必要とする人は年々増加傾向にあり、介護サービスのありかたも様々となっています。住み慣れた自宅で介護や支援を受けられるのは被介護者にとっても嬉しいことであり、ホームヘルパーのニーズは高くなってきています。全国的に求人はありますが、人口に比例して東京でも多くの求人が見られます。東京では、ホームヘルパーだけでなく、介護に関連するあらゆる求人が人手不足の状態にあります。そのため未経験でもOKという求人が多いという特徴があります。ですがホームヘルパーは自宅に赴き、基本的にマンツーマンで介護や支援を行うことになるため、自由があるかわりに責任も重くなります。利用者にあわせたきめ細やかな介護が実現するかわりに大きな責任も伴うので、未経験の場合は研修やサポートがしっかりしているところを選ぶべきでしょう。東京の事業所はピンキリなので、きちんと見極める必要があります。また東京の求人には、正社員と登録型の求人の二種類があります。正社員は一つの事業所に属し、待遇が安定しますが、時間的な自由度は低くなります。登録型はいわゆるパートで、複数の事業所を掛け持ちすることも多いです。時間的自由度が高いのが魅力ですが、収入などの経済面からいうと不安定という側面もあります。自分の求めるものに応じて選び分けるとよいでしょう。

Copyright© 2018 保育士の求人情報の探し方【園内の雰囲気を抜かりなくcheck】 All Rights Reserved.