MENU

育児経験が有利に

ウーマン

就職を有利にするには

現在、保育の現場での求人が増えています。求人の多くは保育士の有資格者ですが、資格を持たない人の募集もあります。公立の保育施設では、保育士を補佐する支援員を配置する所が数多くあります。支援員の仕事は、資格が必要なく、育児経験がある人なら採用の機会も広がると言われています。仕事の内容は、保育補助以外にも様々な雑用があります。洗濯や清掃などの家事の延長と言える仕事も多く、中高年の女性に人気の求人となっています。また、育児経験がなくとも、子供好きの人であれば、格好の求人と言えます。この仕事は、気軽に応募できる反面、募集時期によっては競争率が高くなることがあります。また、仕事の現場が幾つもあるので、希望する勤務先に採用される機会も限られています。そのような中で、就職を有利にする裏技も存在します。支援員の仕事は、経験が重視される面があり、過去に保育園で働いた経験がある場合に、それが考慮されます。また、保育の現場で役立つ技能を持つ人も、就職が有利になります。一例として、ミシンや裁縫が得意という人は、作り物の作業が多い保育現場で重宝されます。自分にそのような特技がある場合は、面接の際に積極的にアピールすると良いでしょう。ただ、一つ注意する点として、この仕事は腰や膝を傷めている人には不向きです。保育の現場では、小さい子供を抱っこしたりすることも多いので、体調を崩すことにもなりかねません。保育の現場で働くためには、体力も大事な要素なのです。

Copyright© 2018 保育士の求人情報の探し方【園内の雰囲気を抜かりなくcheck】 All Rights Reserved.