MENU

保育の専門家が会社で働く

子供

事業所内保育所の設置へ

今、日本では、慢性的な保育士不足に陥っています。保育士の有資格者は大勢いる筈なのに、求人に対しての応募が少ないのが実情です。このような状態では、待機児童問題は何時までも解決できません。そのような中にあって、神奈川県内の会社の一部が、新しい試みを始めています。何と、保育士の有資格者を一般社員として求人を行っているのです。その背景には、それらの会社が事業所内保育所の設置を視野に入れていることが伺えます。保育園に落ちたと言って、ママさん社員が退職してしまう事態を回避するため、神奈川県内の企業の多くが、事業所内保育所の設立を進めています。その事業所内保育所で働いてくれる人材を、正社員として募集するケースが増えてるのです。正社員として雇用された保育士は、事業所内の保育所に子供がいなくなっても、事務部門で働くことが保障されています。また、会社側としては、社内に保育士の有資格者がいることで、何時の時点でも保育室を設置できるメリットがあります。神奈川県には、この手の求人が増えて、多くの保育士が応募しています。その応募率は、民間保育園が行う求人に対する割合よりも高いとされています。このような求人に人気が集まるのは、保育士という仕事が、如何に大変かという状況を物語っています。保育士の資格を持つ人の多くは、保育園だけでずっと働くことに不安を覚えています。保育の資格も活かせて、普段は会社員として働ける神奈川県の企業の待遇は、一つの理想とも言える就業形態と捉えられているのです。

Copyright© 2018 保育士の求人情報の探し方【園内の雰囲気を抜かりなくcheck】 All Rights Reserved.